teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


さてと、

 投稿者:近野新  投稿日:2017年12月30日(土)18時43分20秒
  ようやく年末の休みとなったが、家の用事はあいかわらずてんこ盛りで、時間の空きがない。
歳も歳なので、昼間で寝ようと思っても寝られず、朝七時には起き上がらないと逆に頭が痛くなる。
正月飾りの門松をつくるのだが、材料は全部家の周りにあるもので済ます。真竹を近所の竹林に
いって、手ごろなのを二本切ってくる。毎年もらってくるが、手入れがされていないせいか、年々新しい竹が生えなくなっているような気がする。門松の竹は青いのがいい。これを手鋸で
斜めに切るのはコツがいる。まず、きちんと固定するために、縦にくぼんだ材木を土台にして
脚で踏む。それでも支持点が一か所だとぐらつくので、末端のほうにも横に木をしく。鋸は
節にかかるように入れるが、切り角を変えると切断面が荒れるので、最後まで角度を変えない。
切り終わりは皮がめくれないように、落ちる方を手で支えないといけない。
高い低い中くらいと三本組み合わせて、二か所を針金でまとめる。針金をかくすように、
棕櫚縄を巻く。浅い植木鉢に立てて、周囲に砂を入れる。この砂は、家の前の溝にたまってた
砂である。アカマツの枝葉・オモト・南天の実と葉・梅のつぼみなどをあしらえれば完成だ。

ついでに注連飾りも作成。注連縄とウラジロは、残念ながら購入したもの。あたらしい藁は、
案外となかなか手に入らない。ウラジロもまだ生えているところを見つけられない。
南天の実と葉を葛の蔓でまとめて、玄関の上にある釘にひっかけて、別個にもらいものの
ダイダイを注連飾りの前に吊るす。注連飾りをはずした後も、ダイダイだけは年末まで吊って
おくからだ。

子供二人の散髪。

コンポストの攪拌。

クライマックスは、裏の空き地にあるミズキの伐採だ。惜しいことに、このミズキには
ヤドリギがふたつもついてしまった。いまのうちに切っておかないと、家の方に倒れられると
事なので、薪の量も心配なので玉切りにしておいた。切り株は五十センチくらい残したので、
うまくいけば株立ちでまた生えてくるだろう。時間切れで薪割りはできなかったので、また
明日だ。

今晩は、ひさしぶりのHP更新作業。
もうすぐ新年だ。

http://tkn203.webcrow.jp/

 
 

嫁の知人、および親戚用の

 投稿者:近野新  投稿日:2017年12月23日(土)23時12分41秒
  年賀状はとりあえずプリントできた。
今年は夏に姫路城へ日帰り家族旅行してきたので、そのときの写真がメインだ。
すごくいい天気だったから、正月らしいめでたい雰囲気で、なかなかいい年賀状になって
よかった。
あと、子供たちが自分用に印刷するはずだが、まだなにも注文がこない。どうするんだろうか。
近野個人用のイラストは、まあまあできてる段階だ。今晩中にも出せるといいんだけど。
たかだか二十枚たらずだけど、毎年時間がかかる。明日中にはポストに入れとかないと。


家庭菜園の小松菜に、ビニールトンネルを施してみた。
十五年くらい前に買った、おおきなアーチ状のプラ製丸棒がまだ置いてあったので、三か所に
立てて、某所でいただいてきた農業用ビニール(使用済)をかぶせる。ふつうの畑では裾に土を
かぶせて抑えるのだが、我が家は耐火レンガが大量に余っているから、それを重しにした。
それまで一定段階までいって成長が止まったままだったのが、一週間後の今日は劇的に大きく
なり、緑が濃くなっている。霜や冷気をじゅうぶん防げているようだ。ついでに、ヒヨドリに
よる食害も防げている。小松菜は今回ひと畝だけだったが、こんなにうまくいくなら全面を
ビニールで覆ってもいいくらいだ。冬場は水もやらなくていいみたいだし。
いつもうまくいかないレタスも、うまくいくかもしれないな。

http://tkn203.webcrow.jp/

 

思いのほか寒い冬だが、

 投稿者:近野新  投稿日:2017年12月16日(土)23時36分56秒
  そのせいで薪が心配になってきた。
予想では今年の冬は越せるはずなんだけど、少なくなってみると不安にが募る。
具体的な体積では表しようがないが、とにかく少ない。その量もそうだが、薪の質が不安なので
ある。
薪の材料としては、クヌギとコナラが最良とされている。木質が密で、十分に重い。重いという
ことは燃える成分がみっちりと詰まっているということだ。だから火力が強く、火持ちもいい。
熾火を火鉢に移して便所におけば、翌朝まであたたかい。それに、切るときは柔らかく、割る
ときは素直に割れ、比較的まっすぐな幹が長く伸び、成長が早い。落葉樹のため、冬場に
切り倒せば、葉っぱを処理する手間がいらない。一メートルほどの高さで切れば、切り株からは
驚異的な勢いでたくさんの枝が伸びてきて、何度でも薪として刈れる。

こんないいことづくめの木なのだが、今年はもうないのである。あるのは、おそらくモチノキと
いう木肌の白い、ちょっと軽い木だ。軽いので、クヌギよりは火持ちが悪い。火持ちが悪いと
いうことは薪の消費が早いということだ。
だから心配が募るのである。しかも今季はじめのころは、センダンの薪を使っていた。こいつが
またひときわ軽く、すぐ燃え尽きて熾火も灰にならないうちに消えてしまったりする。
かなり太い薪でも暖かくならない。そのうえ、外見は大木だが中身が空洞になっているのを
薪にしたのがあって、こいつがまたスポンジのようにかすかすで軽いのだ。この薪はいままでで
最低の木だった。センダンは成長が早くて割りやすいが、薪としてはダメだった。
よく生えている木なので残念だが、仕方がない。
そんなわけで、いましきりにクヌギのドングリを空き地に埋め込んでいたりするのである。

http://tkn203.webcrow.jp/

 

ああ、

 投稿者:近野新  投稿日:2017年12月 9日(土)00時13分21秒
  うかうかしているともう十二月も一週間過ぎてしまった。
どうしよう。
いろいろ予定を立ててはいるが、毎度ながら予想外のアクシデントで予定外の用事ができる。
先週は、なんとスキャナープリンターが壊れてしまった。
この節季の忙しい時に。
この物入りの時に。
五千円で買ったものだったが、二年ほどしかもたなかった。
修理したいとこだが、どうせ一万円以上するだろうし、しょうがないので、今度は二万五千円
くらいの新製品を買った。
そして毎度のことながら、スムーズにはパソコンと繋がらない。
どうしてもっと率直に動いてくれないんだろう。
ま、なんとか動いたけど。
年賀状は高くつくなあ。

http://tkn203.webcrow.jp/http://

 

火曜日。

 投稿者:近野新  投稿日:2017年12月 1日(金)22時26分17秒
  一年先輩のK氏は、真のアニメーターである。
一度有名企業に就職し、離職してアニメーターとなり、家族の都合で帰郷してから何度かは
一般的な会社に就職したが、なお淡路島でアニメーターを続け、現在はアパートで独り暮らし。
いまは専業でフリーランスのアニメーターである。職業が違えばデューク東郷だ。

彼からアニメを取り去ることはできない。
彼こそは、正真正銘のアニメーターなのだ。

そのK氏から電話があった。
自分で負いきれないほど仕事が依頼されるが、断るのがもったいないので誰かアニメーターの
知り合いがいないか、というのだ。
何年かまえにも同様の話をされた覚えがあるが、淡路島内において、まして交友関係の狭い私に
そのような変わった知人がいるはずもない。
いるにはいるが、それは当のK氏だ。
私がたとえば失業して、次の働き口もなく、人生を持て余しているようならば手伝わせて
いただくが、幸運なことに食い扶持はあり、養うべき家族もいる。
なにより忙しいのだ。日々の雑事と労働時間の長さ。崩れまくったワークライフバランスに
押しつぶされる寸前の私に、そのような余裕もない。

淡路島で中年男と組んでアニメーション動画を描ける気力と技術がある人物。
どこかにそんな人はいないかなあ。

http://tkn203.webcrow.jp/

 

水曜日、

 投稿者:近野新  投稿日:2017年11月25日(土)00時05分18秒
  朝は晴れだったので単車で通勤した。
夕方、予報通り本降りの雨だ。しかし近頃は防寒着兼雨合羽を着込んでいるので、雨だろうと風
だろうと単車通勤なのだ。朝、出勤時に雨降りだとさすがに車で行くが、降っていなければ単車で
走る。
で、雨の中を疾走していたら、たまげた事態になった。
なんと雨が合羽の中に浸み込んでいるのだ。しかもよりによって、一番敏感な股間に冷たい
刺激が!大笑いだが、笑い事ではない。これはコントではないのだ。どうにかしてこれ以上の
浸透を防がねばならないが、単車で雨の中を走っている以上、まったく手の施しようがない。
走らなければ帰れない。走れば股間に雨が浸み込む。股を閉じようが上体をかがめようが、
雨水は容赦なく股間へと向かう。とにかく耐えに耐え、家にたどり着いた。
そうえいば、以前にもこんなことがあった。ポンチョ式の合羽を着て走っていると、股間が
濡れてきたのである。どうも単車の広い合皮シートに座ると、シートが体重でへこんで雨が集まる
ような形になるらしい。集まる場所は体重のかかる場所、つまり股間だ。雨合羽はただ立って
歩くだけなら水をはじいてくれるが、水たまりにつかると水を通してしまうようだ。雨を受けて
走ると、上半身の前にかかった雨が下に流れ落ち、股間部分に多く溜まるのも要因だ。
根本的な解決にはならないが、透明風防をハンドル部分に取り付けるのもいいかもしれない。
いくらかはシートに水がたまるのを減らせるかもしれない。
雨が降りそうなら単車で走らなきゃいいんだけど。

貴乃花は、なんであんなに服のセンスが悪いんだろう。

http://tkn203.webcrow.jp/

 

またできなかったよー。

 投稿者:近野新  投稿日:2017年11月19日(日)21時36分24秒
  土曜日は、神鍋に行っていた。
中学陸上部が百校くらい集まって駅伝大会やってたんだけど、次男たれ助が参加…いやそうは
言えない。彼は陸上長距離部員だが、遅いのでメンバーとして走れないのだ。だが走れない者も
応援するために現場には行くのである。そこに親の私がなぜ行くのかというと、これまた応援の
ためなのだ。私はあまり関心がないのだが、嫁は重大な関心を抱いている。その嫁のような関心を
持っている保護者はほかにもいて、自費でレンタカーを調達し、自分で運転して三時間近くかけて
神鍋まで走るのである。その運転手として今回は私、近野が抜擢されたのだ。

始めは嫁と小学六年生のたれ太とで自家用車で行く予定だったのだが、親応援団が連合して
レンタカーを借りるので、それで交通費を安く上げようということになった。私は行く必要が
ないのだが、乗り掛かった舟なので乗らなければならなくなったのだ。
しかも、運転手役のキャプテンの父親が、夜勤明けで運転できないと言い出したので、私に運転
するように命令が来たのである。

こういう事情なので、断るに断れない土曜日になってしまった。
しかも氷雨が降る悪条件のなか、地面が濡れてて座れないし、動くと場所をほかの父兄に
取られるしで、じっと三時間余り突っ立っていなければならなかったのだ。しかもこの地点で
男女計十一人の走る部員をカメラに収めなければならない。駅伝といえど周回コースで、全員が
同じところを一周ずつ走るのである。

あんまり疲れたので空腹もピークを過ぎ(女子は十時半スタート、男子は十二時!)、帰りは
試合中に車で寝ていたキャプテンの親が運転してくれたので、私はなんにも食べずに寝ていた。
もういや。
しかも今日はまた休日出勤。
もういや。

http://tkn203.webcrow.jp/

 

しかし、

 投稿者:近野新  投稿日:2017年11月11日(土)23時41分17秒
  ホームズとかポワロ、クイーンなんかの推理小説はちゃんと面白いんだけど、なんでかなあ。

相変わらずいそがしい。
明日は島内一斉清掃なので、朝七時から近隣の掃除をしなければならない。
先週、雨が降る前に庭ととなりの空き地を草刈りしておいたので、ゴミ拾いもやりやすいだろう。
ここんとこ暖かだったが、明日は寒そうだ。

草刈り前に、新品のディスクグラインダー用ダイヤモンドヤスリ(親父の遺品)で、ちびた
草刈り刃を研磨。いままで、これまたちびたヤスリで一所懸命削っていたのだが、新品はやはり
違う。五分の一くらいの時間で倍ほどの尖り具合の回転刃が完成した。
草も笹もおもしろいように刈れる。刃物はやはり研ぎだ。

本格的に寒くなる前に、水仕事であるモルタル作業をしておかなければならない。
家の北側に造っている石窯のことだ。
暑いときは暑い時で、蚊がうるさくてできなかったが、寒けりゃ寒いで水が冷たい。
贅沢な奴だ、近野って野郎は。

http://tkn203.webcrow.jp/

 

ブラッドベリの短編を読むが、

 投稿者:近野新  投稿日:2017年11月 5日(日)17時46分39秒
  どうにもわかりづらくて途中で挫折している。
これはたぶん、アメリカの詳しい文化や風俗習慣を知らないゆえの、?が続くせいだろう。
サッと流される描写が、なにを意味しているのかぜんぜんわからないので、なにがおもしろいのか
わからない。
そういう、日本人にはなじみのない点をことこまかに解説してくれればいいんだろうけど、
巻末にはそういう部分があるのかもしれないけど、そこまでも読み進めない。
「霧笛」を読んでみたかったけど、残念ながら地元の図書館には置いてなかった。
外国文学って、こういうわからなさがあるから困る。
サン・テクジュペリも宮崎駿が絶賛してたから読んだけど、正直言ってよくわからなかった。
不幸なことだ。

http://tkn203.webcrow.jp/

 

若干遅かったが、

 投稿者:近野新  投稿日:2017年11月 3日(金)18時03分45秒
  ストーブ点火。
外部煙突とエルボ部分改良のついでに、ストーブ内の天井部分にあるバッフルプレートの隙間に
L字アングルを置いた。これまでは同じところに足場パイプを半割りにしたものを置いていた
のだが、より密閉性を高めるためにアングルに交換したのだ。もっとも、ただ適当に切っただけ
だと、出っ張ったナットなどに当たって隙間ができるため、現物合わせでちょっとずつ
グラインダーで削っていく。ほぼ完全に隙間は埋まったようで、燃え方も以前より順調だ。
煙突の断熱性も上がっているのだろうか、薪を入れるドアについている耐熱ガラスの煤も
付き方が少ないような気がする。外部煙突を四十センチほど長くしたので、煤の掃除がしづらく
なっているはずなので、できるだけ煤の詰まりはないほうがいい。

今日は仕事だったが、明日は休みで明後日は仕事。
休みは長男の散髪と、浄化槽の点検と、単車のオイル交換。
胃がんで胃を半分くらい切った(退院している)母親の様子も見に行こう。
年賀状イラストもそろそろ色をつけなければならない。
忙しい。

http://tkn203.webcrow.jp/

 

レンタル掲示板
/72